もったいないと感じる処分価格

大阪の人は、自分が好きなものやこだわりのものにはお金を惜しまない傾向がありますが、
たとえばいらないものを処分しなければならないといったことに使うお金は、
ひどくもったいないと感じるようです。
そのためか、大阪では不法投棄が後を絶たないと言いますが、
大多数の人がもったいないと思いながらも、
きちんと料金を支払って処分してもらっていると思います。
けれど、そこはあきんどの町・大阪ですから、
処分を依頼するにしても回収業者に頼むとなれば、値段の交渉が始まります。
行政機関に頼む場合は、品物によっていくらいくらと明確に決められていますから、
その通りに支払わなければなりませんが、
相手が不用品回収をやっている業者となれば、話は別です。
どんな品物を買うにも、まずは値切ってみるという大阪人の特質を生かし、
回収に際しても、もっと安くしてとか、3つ分を2つ分の代金で持っていってなどと交渉し、
実際にその通りにしてもらったという話を身近に聞くものですから、大したものだと思います。