自治体と業者の価格の差

大阪で不用品回収にかかる料金は、自治体が定める大型ごみと呼ばれる収集料金と、
回収業者による独自の設定での料金とに分かれると思います。
この場合、自治体の収集料金に比べ、
不用品回収業者の設定の方がいくらか安くなるのではないでしょうか。
そうでなければわざわざ回収業者に声をかけて家の前で停まってもらい、
不用品を持ちだしてくるということはないような気がするからです。
普段から、いつか回収業者が通りかかったときに出そうと思って用意しておくなら別ですが、
たいていの不用品の場合、大きなものであったり重いものであったりするでしょう。
そうなると、回収していってもらうにも、前もっての準備がけっこう大変です。
不用品回収業者に持って行ってもらうためにおいておく場所もなかなかないでしょうから、
自治体の料金でも仕方ない、思い切って処分するか、ということになるケースが多いと思います。
そうなると、大阪の自治体の収集料金と、回収業者との間の金額の差が気になります。