化粧品が持つ個性ある特徴・効果とは!?

  • Posted on 8月 21, 2014 at 10:24 PM

化粧品といっても種類は多く、把握するのも大変ですよね。

CMでお馴染みのUV化粧品や乳液配合化粧品も増えてきました。

化粧品にはそれぞれ役割があります。

ベースメイク・メイクアップ・ネイル・リップ・ボディケア・スキンケアなどです。

特にスキンケア化粧品は、多岐に分けられています。

ここでは最も重要視されている「基礎化粧品」について触れたいと思います。

【洗顔料】

目的は肌を洗って、古くなった角質を除去することです。

洗顔石鹸・洗顔フォーム・洗顔パウダーがあります。

肌質にあわせて使い分けするのが基本です。

【クレンジング】

主に化粧を落とすのに使われることが多いです。

しかし、皮脂やくすみを除去するのに用いることもあります。

日頃からケアすることで肌のトラブルを避けることが出来るのです。

【化粧水】

洗顔後に肌の状態を整えるのが目的です。

洗顔後の乾燥していない間に化粧水を使い、肌の保湿性を促します。

乾燥して毛穴が開くのを防ぐ効果があります。

【乳液・美容液】

美容液は、化粧水で補いきれない効果を補助します。

潤い・美白・アンチエイジングなどの効果が期待できます。

少量でケアすることが可能で、目的に合わせて使い分けます。

【シートマスク】

美容液を染み込ませたシートマスクは人気があります。

単体の美容液を使用するよりも簡単にケアできるのが特徴です。

目や口元には穴が開いているので、そこにクリームを塗ると効果がアップします。

どんな基礎化粧品も肌質に合わせて選ぶことが大切です。

肌を傷めない化粧品を使用しましょう。